読みもの -美肌理論-

メイクは必要?肌にあるUV防止効果

10月は気温が下がり過ごしやすい時期。
紫外線量は真夏がピークですが、真冬でも夏の半分ほどにしか減らないため1年を通して油断ができません。そのため、日焼け止めなどでしっかり紫外線対策している方も多いでしょう。

一般的な日焼け止めには、紫外線を防ぐ「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」という成分が配合されています。じつは肌にも紫外線吸収剤と同じような働きをする物質があるのをご存知でしょうか。

肌の中にある紫外線吸収剤「ウロカニン酸」

ウロカニン酸は紫外線を吸収してダメージから肌を守るので、天然の「紫外線吸収剤」と呼ばれています。

日焼け止めに含まれる「紫外線吸収剤」は吸収した紫外線のエネルギーを化学的に熱などのエネルギーに変えて放出して紫外線を防ぎます。

敏感肌の方は紫外線を吸収するときに起こる化学反応で肌に刺激や赤み、湿疹があらわれる場合があります。
ウロカニン酸は紫外線吸収剤のように化学反応を起こしません。

肌にその働きがあるなら、紫外線対策しなくていい?
と考えそうですが、その答えは違います。

【理由1】 乾燥した肌ではつくられない
紫外線を浴びた肌は肌の水分の蒸発を防ぐためのバリア機能が低下して肌が乾燥しやすくなっています。
ウロカニン酸は乾燥した肌だとつくられないため、毎日、日焼け止めなどを塗ってその働きを補う必要があります。

【理由2】 紫外線で性質が変わる
ウロカニン酸は紫外線を浴びると「紫外線を吸収する」から「免疫作用を抑える」に働きを変えてしまいます。 通常、紫外線を浴びてつくられたメラニン細胞は免疫細胞によって異物とみなされて少しずつ排出されます。
本来排出されるメラニン細胞は、ウロカニン酸の働きでしみなどの形で肌に残りやすくなります。
そのため、ウロカニン酸に頼るだけでなく日焼け止めを塗って紫外線から肌を守る必要があります。

==========

もうひとつの紫外線を防ぐ成分「紫外線散乱剤」は、肌の上で紫外線を物理的に跳ね返すだけのシンプルな防ぎ方をします。
紫外線吸収剤と違って化学反応を起こさないので、肌への刺激が少ない肌にやさしい成分として知られています。
だから、敏感肌の紫外線対策に選ばれています。

ビューティフルスキンの日焼け止めは「紫外線散乱剤」を配合しています。
肌の中にあるウロカニン酸と合わせて、肌にやさしい紫外線散乱剤が配合したビューティフルスキンの日焼け止めで紫外線から肌を守りましょう。