ビューティフルスキンの紫外線対策 どっちを選ぶ?

季節による紫外線量の影響

紫外線は1年中降りそそいでいますが、
3月ごろから急激に増えはじめて肌への
影響も大きくなります。

紫外線のダメージから肌を守るために
日常的に紫外線対策を行うことが重要です。

紫外線が人体に及ぼす影響年間推移

紫外線が肌におよぼす影響

紫外線

太陽光は、目で見える可視光線と目に見えない赤外線や紫外線があります。
紫外線のなかで地表まで届くのが紫外線A波(UV-A)と紫外線B波(UV-B)
です。

UV-Aの影響

UV-Aは、35~50%が肌の奥まで届いて
ハリや弾力を生む弾力繊維などにダメージを
与えます。しわやたるみなどの
肌の老化現象を引き起こします。
また、メラニン色素の合成が増えて
しみの原因になります。

UV-Bの影響

UV-Bは屋外での日焼けの主な原因で、
肌表面に強いダメージを与えます。
肌を赤く炎症させるサンバーンや
メラニン色素が沈着して肌を黒くする
サンタンを引き起こします。
また、メラニン色素が過剰に生成されて、
しみやそばかすの原因になります。

UV-AとUV-Bの影響

肌老化の原因は8割が「光老化」

光老化

紫外線などの太陽光によって現れるしみやしわ、たるみなどの肌の老化
現象を「光老化」といいます。
光老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例するため、日常的な紫外線
対策で防ぐことができます。

紫外線から肌をしっかり守りましょう。

ビューティフルスキンの2つの日焼け止め

紫外線や光老化の対策として、日焼け止めで紫外線を
ブロックすることが重要です。
日焼け止めは肌に直接触れるものだから、
ビューティフルスキンでは肌への影響も重視しています。

また、軽いつけ心地やベタツキのない快適な使用感は
敏感肌から赤ちゃんまで幅広くお使いいただけます。

 
ノンUVミルク

ノンUVミルク

30ml 3,280円(税込)

みずみずしい乳液タイプ

美容液のようなテクスチャーで肌のうるおいを閉じ込めます。

メイク下地として

肌にすっーとなじんで白浮きしないのでメイクの下地としてお使いいただけます。

べたつき、きしみがない

のびがよく、サラっとした使用感で1日中快適に過ごせます。

その他6つのフリー

その他6つのフリー

 

サンプロテクション

8g 5,028円(税込) 専用パフ付

サラサラのパウダータイプ

最小限の成分で肌に負担をかけません。
軽いつけ心地でお過ごしいただけます。

メイクの仕上げに

メイクのうえから重ねて使えます。
紫外線が気になったときに、
気軽に塗り直しできます。

肌になじんで色ムラカバー

毛穴や色ムラを自然にカバーします。
マットな仕上りでテカリを防ぎます。

その他8つのフリー

その他8つのフリー

よくある質問

Q

去年使っていた日焼け止めは使っても大丈夫でしょうか?

A

日焼け止めにかぎらず古い化粧品は、肌トラブルを起こしやすいので
開封後1年以上たったものは使わないようにしましょう。

Q

子ども用の日焼け止めのポイントは?

A

紫外線吸収剤が使われている日焼け止めは、未成熟な子どもの肌に
刺激になったり合わない場合があります。
紫外線吸収剤不使用のノンケミカルのものを選びましょう。

ビューティフルスキンの2つの日焼け止め

ノンUVミルク 30ml 3,280円(税込)

乳液
タイプ

みずみずしい使用感
メイク下地になる
肌の乾燥を防ぐ
8つのフリー
石けんで落とせる

商品詳細ページへ

サンプロテクション 8g 5,028円(税込) 専用パフ付

パウダー
タイプ

サラサラの使用感
メイクの上から使える
色ムラをカバー
10のフリー
石けんで落とせる

商品詳細ページへ